中国輸入マニュアル

縫製工場で小ロット生産を行う手順・価格を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
中国 小ロット Tシャツ

最近は小ロットで独自商品を作りたいというお問い合わせが増えており、
やはり日本でもアパレル商品のお店を出店する人が増えてきています。

特に問い合わせを頂く中で多いのが、
普通の服ではなくオリジナルの服が作りたいという要望が非常に多いです。

現在、縫製系の工場のご紹介は可能ですが、
プラスチック系などの雑貨などは小ロットが大きく
最小でも1000からだったり、
ロゴぐらいは入れれるけど形を変えるは難しいという場合が多いです。

現在であれば、

・バッグ
・Tシャツ
・ズボン
・財布

などであれば簡単に作る事が出来ます。

1枚だけ小ロットで作った場合

ちなみに先日お客さんの一人がとあるブランドの既に廃盤になったズボンをどうしても欲しいということで日本の縫製屋さんで見積もりを頼んだところ特別オーダーになるらしく、お値段はなんと5万円…と言われたそうです。

であれば、同じ物を中国で作ったらどうなるか?

というところで似たような生地を市場から探してきて、後は縫製工場で同じにように作ってもらいました。

1枚だけだったのですが値段は

型紙代金が300元
生地代金が200元
縫製代金が50元

で合計550元。

現在日本円の金額で約1万1000円です。

日本と比べたら1万9000円の差があります。

しかも上記を見て頂ければ分かるかと思うのですが、
型紙代金が高いので次回から同じものを作ろうと思ったら、
生地代金+縫製代金だけですむので、

気に入っている形があれば、
カラーバリエーションを増やしたりも簡単に出来るわけです。

これが小ロット工場を使う際の強みです。

でも、、そんな1枚からお願いするのは…ちょっと。。

という人も中にはいるかと思います。

友人と共同で3枚作った方の場合

別で依頼があった方の中には、

有名なブランドの服を主婦仲間で欲しいと言っていたのですが、
1着なんと2万5000円するらしく、、
その形、デザインが気に入っているから同じように作れないか?

という依頼がありました。

こちらも同じように作って、

型紙代金が350元
生地代金が230元
縫製代金が45元

と合計625元で1万2500円という風になるのですが、
今回は合計3着作ったので、

型紙代金が350元→同じ
生地代金が230元×3枚=690元
縫製代金が45元×3枚=135元

合計1175元。

2万3500円ですが、
1枚あたりに直すと
7833円になります。

1枚だけだと、単価1万25000円が、
3枚で単価7833円
という感じで、
同じ型で欲しい商品があれば
日本よりもかなりお得に作れるのです。

ショップ経営の方の場合

3つ目の事例はアパレル系のショップ経営をされている方で
楽天、自社ショップを持っており、
月間200万円ほどの売上があるようですが、
今は卸しの商品を扱っているので、
独自で商品を作りたいというご相談でした。

話を聞いてみると売れ筋が決まっているようだったので、
それらをサンプルで送ってもらって、
型を取って、カラーバリエーションを増やそうということで
Mサイズで5色の色。それぞれ100枚ずつの注文でした。

合計500枚でどうなったかと言うと…

型紙代金が300元
生地代金が15元×500=7500元
縫製代金が25元×500=12500元

合計20300元

つまり、約40万60000円なので、
500枚作って、1枚あたりは812円。

今までの仕入れは2300円ほどで
売値は3980円だったのですが、
今回大幅にコストダウンが出来て本当に喜んで頂けました。
(1ヶ月半ですべてが完売して今リピート注文を頂いています)

このように計算も非常にシンプルで
たくさんのボリュームがあればあるほど、
安くなります。

なので最後に1つのデザインで100枚以下で作る場合についてまとめてみました。

100枚以下の小ロットで作る場合

【手順】縫製系の商品を作る場合は、まずは手順として型紙を作ります。
この型紙はサイズなどにもよりますが、約300~500元程度掛かります。

あとは生地代金と縫製代金、そして日本までの送料となります。

箇条書きで書くと下記のような感じ。

・型紙代金:300~500元
・生地代金:100~300元
・縫製代金:25~100元
・日本までの送料

という形になります。

あとは印刷する場合、その印刷の型代金+印刷代金という感じで掛かります。

上記は参考の値段となりますので、複雑な服などであればもう少し値段が高くなります。

また中国ではイチから商品を作るのは非常に苦手なので、
出来れば他社の服などでもいいのですが
サンプルがあった方が早く作れて時間とコストも節約できますので、
縫製系の商品を小ロットで作りたい場合は
まずはお問い合わせをお願いします。

OEMに関してはこちらの記事もぜひどうぞ。

→縫製工場で小ロット生産を行う手順・価格を公開
→バッグや財布、エコバッグを作っている工場へ行って来ました!
→プライベートブランド(オリジナル)商品を作る前にやるべき3つの事とは?

毎月10万円稼ぐ方法を無料で公開中!

中国輸入って何?どうやったら初めたらいいの?中国輸入Amazon転売だけで月10万円具体的に稼ぐ方法から物販における自動化の仕組みづくりの方法など中国輸入におけるノウハウや実例、考え方や戦略などを公開しています。

実際に中国に住んでいるので中国の動向や普通に暮らしていたら知れない海外のオモシロ情報や稼ぎ方などもご紹介していますので、面白い!という声をたくさん頂いています。

もちろん不要であればメール内のリンクからワンクリックで簡単に解除できます。

秘密案件やジョイントビジネス、レポートなどメルマガ内でしか配信してない内容などメルマガ読者限定の秘密のプレゼントなどもたくさんご用意していますのでぜひ登録してみてください。

【下記画像をクリックして、中国輸入マニュアルをもらう】

中国輸入マニュアル

>>毎月10万円稼ぐ方法が気になる方はコチラをクリック<<

よく読まれているオススメ記事

中国輸入で失敗しない!成功者だけが知っている黄金の5つのルール
amazon 中国輸入のリサーチ神ツール!Ama速とは?

中国輸入マニュアル(無料)プレゼント

中国輸入って何?どうやったら初めたらいいの?とまだ一歩も動けていない方はぜひこちらのレポートを読んでみてください。レポートだけではなく、どのようにステップアップしていけばいいのか?そんな中国輸入におけるノウハウをすべて公開しています。


  • 誰もが結果を出せる王道の中国輸入手法とは?

  • 元手資金ゼロからお金を増やしていく方法

  • 利益を出せる販売サイトの紹介

  • 誰もが躓く最初のポイントについて

  • 中国輸入Amazon転売だけで月10万円具体的に稼ぐ方法

  • 物販における自動化の仕組み作りの極意



など、中国輸入でのステップアップの方法など、具体的なレポートをお届けさせて頂きます。
今すぐ、下記から無料ダウンロードしてください。

今すぐイーブックをダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*