中国輸入ツール「モノレート」使ってますか?

ツール

中国輸入のツールはたくさんありますが、僕が使っているのは主に

・モノレート
・オークファン
Ama速

ぐらいです。

そういえば、モノレートの使い方を書いておらず、
最近は「モノレートどうやって使えばいいんですか?」という質問も増えてきたので、
今日はモノレートについて記載させて頂きます。

このモノレートを使えば何が出来るかと言うと、、

過去にAmazonで売れた値段や出品者数が分かる。

という事です。

他にも使えそうなサイトは色々あるのですが
このモノレートさえ使えれば後は使わなくてもOKです。

さて、では早速使っていきましょう。

手順1:Amazonで商品探し

まず、先にAmazonで商品を探します。

Amazon ノーブランド

「ノーブランド 中国」で検索するとたくさんの中国商品が出てきます。

そしてその中から良さ気な商品。

中国輸入で稼げる3つの条件に当てはまる物を探します。

Amazon 売れ筋

例えばこちらの商品

Amazon 売れ筋 ASIN

商品ページの下を見ると、商品詳細の記載があるので、
そこのASINをコピーします。

「B00I1YZVJW」

そしてこのASINを次にモノレートで確認していきます。

手順2:モノレートで商品の確認

モノレートに先ほどのASINを貼り付けると、
下記のような画面が出てきます。

モノレート 検索結果

さて、ここで何を見るのか?

一番大事なのは、
その商品が売れているかどうか?

という事です。

結局、売れる条件に当てはまっていてもその商品が売れていなければ、
仕入れても売れないので、
それを続けているとどんどん資金繰りが厳しくなっていきます。

だからこそ売れているのが非常に重要です。

モノレートでは、その売れているかどうかを確認する指標として、
ランキング変動というものを見ることが出来ます。

モノレート ランキング

上記の図で言えば一番下のグラフとなります。

このグラフの上下によく動いているほどよく売れている商品となります。

つまり、横一直線のグラフよりも、
ギザギザに動いている線が多い商品ほどチャンスな商品という事です。

使い慣れると簡単なので、まずは一度上記の手順で商品の検索をしてみてください。
中には売れてそうなのに、実は売れていない商品など色々見えるので面白いです。

\\この記事をシェアする//