ハロウィーンの市場規模拡大で利益63万2300円が確定!

独自商品・OEM

どうも、小林です。

10月31日はハロウィーンですが、
今年も日本でかなり盛り上がりそうです。

ハロウィーンの市場規模は
既に1220億円になっていると
産経ニュースでも報道されていました。

ハロウィーン市場規模

実際、ハロウィーンに向けて仕入れた商品も
先週ぐらいから1日10-20個売れるようになり、
昨日で仕入れた商品がすべて売り切れました。

商品の種類は12種類だけだったのですが、
今計算したら63万2300円の利益が出ていました。

今回は事前に何が売れるのか?

昨年の商品の売れた傾向なども分析していたので、
かなりスムーズに売れ出して、あっという間に完売でした。

ただ、もうちょっと早めに
仕込んでおければ良かったなぁ…
というのが先日も紹介したこちらの商品。

ハロウィーン 売れる商品

※ちなみに上記のパンプキン キッズコスチュームは
仕入が600円程度だったので、
1着売れたら1000円程度の利益が出ます。

本気でコスプレだけやれば1年分の利益を
ハロウィーンだけで稼げちゃいそうな気もします。

先週土曜日には1日12個売れており、
あと100個ぐらいいけたのでは…。。

という感じだったので、
来年は商品を見つけたらすぐにオリジナル化して、
商品ページ作って独占販売で利益を最大化しようと思っています。

なぜハロウィーンの市場規模が拡大しているのか?

ところで、

・ハロウィーンでどんな商品が売れるのか?
・そもそもなぜ日本でこんなにハロウィーンが流行っているのか?

というのを考えた事はありますか?

ここが分かれば何が売れるのかが見えてきます。

先に答えから言ってしまうと、

”ハロウィーンの日には堂々と仮装が出来る”
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という事です。

実は多くの人は心のどこかで
普段とは違う自分になりたいという願望があります。

日本で一時期男性ブラが流行りましたが、
あれも似たような感じです。

普通であればそういう願望があっても、
色々な世間体などが邪魔して違う自分にはなれないのですが、
ハロウィーンには堂々と違う自分を演じることが出来ます。

しかも、一人じゃ恥ずかしいから…
友人を誘って…ということで、
どんどんハロウィーンに仮装(コスプレ)する人が増えているのです。

そういう背景があるので、
今後はもっともっとこの市場は拡大していきます。

であれば、

何が売れるのか?
どんな商品があればいいのか?

少し見えてきそうな気がしませんか?

売れる商品というのは、
必ず売れる理由というのがあります。

ここを突き詰めていくと
物販はかなり面白くなるので、
ぜひ研究してみてください。

追伸

昨年のハロウィーンは中国で過ごしたのですが、
中国の警察官のコスプレをさせられました。

じゃんけんで勝った順番から
服を選べるのですが、負けてしまったので、
最後に残ったのが警察官でした。。

しかもこれが女性物で…
着たらただの変態に見えてきましたが、
かなり楽しかったです。

ということであなたも
今年のハロウィーンはぜひ参加してみてください!

新しい発見があるかもしれませんよー!

追伸2

今年はちょっともう間に合わないかもしれませんが、
去年は10月からオフィス街などで
ハロウィーンのチラシを配った人がいました。

見出しは、

ハロウィーンパーティーで会社で親睦を深めませんか?
今なら特価にてコスプレ衣装を提供致します。

みたいな感じで、たくさん注文が入って、
結局それだけで100万円以上稼いだ人もいました。

これはクリスマスでも応用が効きそうなので、
やってみたら面白いかもしれません!

\\この記事をシェアする//