商品レビュー

xiaomi(シャオミ)のバッテリーを買ってみた結果w

シャオミ

xiaomi(シャオミ)という中国のメーカーはご存知ですか?

最近このxiaomi(シャオミ)が凄い勢いで店舗を広げ、売り上げもどんどん伸ばしています。

この記事を買いている僕自身、中国に在住しているのですが、気づけば周りの人が使っている電気製品がどんどんxiaomi(シャオミ)になる人が増えています。

xiaomi(シャオミ)の凄いところは、有名なブランドメーカーが高価格で出している商品をほぼ原価で出しており、xiaomi(シャオミ)も利益は5%しか取らないと公表しています。

最近は特にappleに対抗しており、どんどん良い製品を作り出しています。

今回そんなxiaomi(シャオミ)のバッテリーを買ったのでレビューしてみます。

xiaomi(シャオミ)のバッテリーを買ってみた

小米 シャオミ

そこでは本当に様々な物が売られていたのですが、その中でも多くの店で一番の目玉商品としてxiaomi(シャオミ)のバッテリーが売られていました。

種類は2種類あり16000mAhと10600mAhでした。

16000mAhのxiaomi(シャオミ)のバッテリーはちょっと大きく、扱いにくそうだったので、小型の10400mAhのバッテリーを見ていたのですが、このxiaomi(シャオミ)のバッテリー。。

値段はいくらだと思いますか?

シャオミ

セールとは言え、なんと驚きの価格の49元でした!

ちなみにこのxiaomi(シャオミ)は…

wikipediaでは、

小米科技(Xiaomi、シャオミ)は、中華人民共和国北京市に本社を置く通信機器・ソフトウェアメーカーで、2010年4月6日に雷軍によって設立された。
その勢いや話題性 などから「中国のアップル」と形容されますが、2014年度には、中国国内のシェアで サムスンから首位を奪い…

と今最も勢いのある電気メーカーです。

先日もインドで100万台の携帯販売を打ちたて…という記録を見ましたが、本当に中国国内でもすさまじい勢いで広がっています。

ちなみに友人もxiaomi(シャオミ)のスマホを買っていましたが、 約3万円程度でiphoneの性能とほぼ同等。さらにwifiのPasswordを解読するソフトまでインストール済みでかなり使いやすいという話も聞いています。

なので、次回はxiaomi(シャオミ)のスマホを買おうかと思っていますが、現在iphoneのバッテリーが1日でも使うと切れてしまうので、xiaomi(シャオミ)の性能もどんなものか知りたかったのでxiaomi(シャオミ)のバッテリーを買ってみました。

Xiaomi(小米)のバッテリーを買ってみた

iphoneの箱を思わせるような白い箱に入っていました。

xiaomi

中を開けるとこんな感じ。

小米 xiaomi

付属で説明書とケーブルが入っており、なんと既に充電済みで開封してもすぐに使えます。

ちなみに日本で人気のcheero Power Plus 3 13400mAhは、2980円。それに対しXiaomi(小米)のバッテリーは10400mAhで容量ほぼ同等で49元=約950円程度です。

日本のcheeroと中国のxiaomi(シャオミ)を比べ見ると…

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー

 

値段:2980円
寸法(mm):92×80×23mm
重さ:245g

●Xiaomi(小米)バッテリー

xiaomi

値段:約950円(日本のAmazonでは1980円)
寸法:90.5×77×21.6mm
重さ:250g

あなたはxiaomi(シャオミ)を選びますか?

さて、今回2つのバッテリーが販売されていたらあなたならどちらを買いますか?多分多くの方が、Xiaomi(小米)のバッテリーを選ぶんじゃないのでは…?と思います。(※もちろん中国製なので爆発…なんて危険性もあるかと思いますが、ちょっとしばらく使って様々検証してみます。)

約2年使ってみて…

xiaomi(シャオミ)のバッテリーを2年実際に使ってみましたが、今でも普通に使えていて、iphoneでも4回程度フル充電が出来ます

この価格でこれだけの耐久性本当に素晴らしいです。

これを見て頂いただけでもサムスンやその他電気メーカーが焦る理由がご理解頂けるかと思います。

性能は同じ(もしくはそれ以上)の物を値段も安く売られてしまうと、他のメーカーは太刀打ちが出来ません。

しかも、xiaomi(シャオミ)はマーケティングを駆使しての売り方が非常にうまいです。

今回も深センの出店でも半分以上のお店がxiaomi(シャオミ)のバッテリーを売っていました。

しかもよくよく見てみるとサムスンの代理店のお店でさえも、xiaomi(シャオミ)のバッテリーを前面に押し出して…。。という販売状態になっており、本当に見ていて怖いなぁ…と感じました。

普通の消費者からすれば、安くて良い商品が手に入るのは良いのですが、電気メーカー側からすればたまったもんじゃないかと思います。

こういった競争に打ち勝つにはどうしたらいいのか?ぜひ一度考えてみてください。

買ってよかったものランキング
2019年買ってよかったものAmazonランキング!【コスパ最強の商品のみレビュー】僕自身、新しい商品を探すのが好きで、年間100万円以上買い物に使っていますが、そんな僕がAmazonでコスパ最強だと思ったもの、Amazonコスパ最強ランキングを公開します。これだけは必ず買っておいた方がよい商品のみレビューします。...
ABOUT ME
Taku
Takuです。日本を飛び出してはや9年。気づけば中国で中国人の奥さんと結婚して、現在は中国に住みながら、中国輸入を行っています。Amazonでオリジナルブランドを売りつつ、のんびりと生活しています。
中国輸入マニュアル(無料)プレゼント

中国輸入って何?どうやったら初めたらいいの?とまだ一歩も動けていない方はぜひこちらのレポートを読んでみてください。レポートだけではなく、どのようにステップアップしていけばいいのか?そんな中国輸入におけるノウハウをすべて公開しています。

誰もが結果を出せる王道の中国輸入手法とは?
・元手資金ゼロからお金を増やしていく方法
・利益を出せる販売サイトの紹介
・誰もが躓く最初のポイントについて
・中国輸入Amazon転売だけで月10万円具体的に稼ぐ方法
・物販における自動化の仕組み作りの極意

など、中国輸入でのステップアップの方法など、具体的なレポートをお届けさせて頂きます。今すぐ、下記から無料ダウンロードしてみてください。