中国のバレンタインは年に2回!バラの本数で花言葉が決まる!?

中国 海外生活

中国人の奥さんと結婚して、現在中国在住8年目になりました。

中国に住んでいると面白い事をたくさん目にするのですが、本日は、特殊な中国のバレタインデー事情について中国現地にいる僕の目線でお伝えさせて頂きます。

中国のバレンタインデー事情

中国のバレタインデー事情を先に簡単にお伝えすると、

  • 中国はバレンタインデーは何回もある!?
  • バレンタインデーには花束を贈る
  • 女性から男性にプレゼントのみ(男性はもらえない)

それでは、順番に見ていきましょう。

中国のバレンタインデーはバレンタインデーと七夕の2回!?

日本ではバレンタインデーは2月14日ですが、中国では、バレンタインデーと呼ばれる日が14回あります。

バレンタインデーの事を中国語で「情人节」、日本の文字で書くと「情人節」と言いますが、翻訳すると、「恋人の日」という意味になります。

この「情人節」と呼ばれる日をカレンダーで数えると14回ありますが、特に重要視されているのが、下記の2つです。

2月14日のバレンタインデー
7月7日の七夕

※七夕の場合は、旧暦で計算されるので、2018年は8月17日、2019年は8月7日、2020年は8月25日となります。

中国にバレンタインデーにプレゼントするのはバラが基本!?

中国ではバレンタインデーでは男性が女性に花を贈る日です。

花の種類もなぜか「バラ」に限定されており、街中では、バラが売られているのですが、普段であれば1本1元とかなのにバレンタインデーの日だけは、1本10元ほどになり割高です。

中国のバレンタインデーにはバラの価格が10倍になりますが、中国ではバラの花言葉というか、本数によって伝わる意味がかなり異なります。

バラの本数によって花言葉の意味が異なる!?

今回はそんなバラの本数によって決まる花言葉、30種類をご紹介します。

1本 你是我的唯一  貴女は私のオンリーワン
2本 世上只有你和我 世界は二人だけにある
3本 我爱你     愛している
4本 誓言承诺    約束
5本 无悔      後悔しない
6本 顺利      順調
7本 喜相逢     逢えてよかった
8本 弥补      互いにおぎなう
9本 长相守坚定   長く信念を守る
10本 十全十美    完全無欠
11本 一心一意    ただひたすらに
12本 全部的爱    まるごと愛
15本 伴你一生    貴女に一生つきそう
16本 青春永驻    青春は永遠にある
19本 爱的最高点   愛は最高
21本 最爱      最も愛している
24本 思念纯爱的爱  プラトニックラブ
30本 请接受我的爱  私の愛を受けて下さい
31本 三世三生    3つの世代をともに
36本 我的爱只留给你 私の愛は貴女に残しておきます
48本 挚爱 真摯な愛
51本 我心中只有你  私の心の中は貴女だけ
66本 我的爱永远不变 私の愛は永遠に変わらない
99本 天长地久    とこしえに変わらない
100本 百头偕老   とも白髪まで添い遂げる
101本 直到永远的爱 永遠の愛になるまで
108本 求婚     結婚してください
111本 爱你一生一世 一生愛します
365本 天天爱你    毎日愛します
999本 天尽的爱    天にとどくほどの愛

実際に僕も何度か奥さんにプレゼントした事があるのですが、50本辺りを超えるとかなり大変で一人で持てなくなってきます。

なので、50本以上渡す時は、花屋さんにお願いして、「●●の住所に届けてね。」という形を取ります。

特に中国ではメンツが大事な文化がまだあるので、999本が届いた時には、家の玄関いっぱいにバラが届くので、近所の人とかも集まってきてかなり注目されます。

注目されるのが嫌いな女性の場合は逆効果ですが、本当の愛を伝える時には、ぜひ試してみてください笑

最近流行りのバレンタインデーのプレゼント

ちなみに最近ではバラの他にも色々なバレンタインデー用のプレゼントが増えてきています。

人形の花束

スクリーンショット 2016-02-13 23.46.56

他にもこんなタイプも。

中国 人形 花束

他にも色々面白い商品があるので、中国語でバレンタインデーは「情人节」というので” rel=”noopener” target=”_blank”>タオバオで検索してみてください。

検索キーワード
人形の花束:情人节 公仔 花束

時間がない人は520元をプレゼント

最近は物をあげるのが面倒だったり、僕みたいに結婚して長い期間が過ぎると何をプレゼントすれば良いのか困るので、红包(ホンバオ)を奥さんにプレゼントします。

中国では、wecaht(日本のLINEみたいな感じ)を使えばスマホで簡単にお金が送れるので、520元をプレゼントしています。

※520という数字は中国では、発音が「我愛你(愛しています)」という単語に似ているので、「520の数字=愛している」という意味になります。

チョコレートをプレゼントする人は少ない!?

中国のバレンタインデーでは、チョコレートをプレゼントするのは日本と比べたらかなり少ないです。

七夕の日が暑すぎてチョコが溶けるという事もあるのですが、一番よくスーパーで見かけるのは、「ferrero rocher」というチョコレートです。

このチョコレートは金色の包み紙で高級に見える事もあり、若い女性にプレゼントするならオススメです。

中国のバレンタインデーは男性が損

僕自身も奥さんにバレンタインデーで、毎年プレゼントはしていますが、奥さんから僕にプレゼントをしてもらえるのは、誕生日だけです。

日本であれば、ホワイトデーなどもあるのですが、中国ではホワイトデーにも男性から女性にあげず、中国では女性の方が圧倒的に有利になっています。

恐らくこれは中国の一人っ子政策で、男性を産みたい人が多く、女性が男性に比べて、5〜10%ほど少なくなっているという原因もあるかと思います。(ちなみに日本では女性の方が5%ほど多いです)

いかがでしたでしょか?

中国のバレンタインデー事情は日本と異なっていて面白いのですが、ぜひ中国にバレンタインデーに行く際にはバラを買って大切な人にプレゼントしてみてください。

日本でも、それだけバラをプレゼントしてみてもサプライズで面白いかもしれませんね。

【下記画像をクリックして、月収200万稼いでいる方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

\\この記事をシェアする//