中国輸入マニュアル

タイでの宝石買付け話 を公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
タイの宝石安い

1月の初旬にタイに行って来ました。

色々な目的があってタイには行ったのですが、
今回その中でも色々面白い事が分かった
タイの宝石について今回は記載させて頂きます。

タイと言えば、多くの人は観光地というイメージを持つ人が多いかと思いますが、タイは世界5大宝石集散地(アメリカ、ベルギー、イスラエル、タイ、インド)の中にも入っており、実はタイにはいくつか大きな宝石市場があります。

今回は、JTCと呼ばれる「JEWeLrY TRADe CeNter BANGKOK」に行ってきました。

タイ 宝石

場所はバンコクのシーロム駅からタクシーに乗って10分程度の場所にあるのですが、このJTCはなんと59階建で東南アジア最大の宝石取引ビルとも呼ばれています。
このJTCは非常に歴史が長く内部はアジア!という汚い感じでところ狭しと宝石が並んでいるのかと思いつつ入ると、中は非常に綺麗でジュエリーボックスの中に宝石が並べられています。

下記の写真は入り口から入ってすぐの写真です。
タイ JTC宝石市場

1階…2階と順番にどんどん進んでみて行ったのですが、
まるで高級デパートの宝石売り場のような感じでした。

タイ 宝石

そして3階に行くと…宝石売り場だったはずの場所には服屋やおもちゃ屋が…。。どうやら話を聞いてみると何度か大規模な改装工事などがあったようで宝石だけでは厳しいということでどんどん店舗が減ってきているという感じでした。今回アテンドしてくれたT氏も3ヶ月前に来た時と様子が変わってかなり驚かれている様子でした。

ということで、上の方は諦めて次に地下1階の方に行きました。
すると…宝石のたくさんのブースがありました!

宝石市場 タイ

地下1階はまさに宝石の売買場所という感じで、
たくさんの海外バイヤーがその場で石を見ながら交渉を重ねていました。
その他にも、面白いものがいくつかありました。
1カラット150バーツ均一セール!

タイの宝石安い

ちなみに左の方は1カラット29バーツという安さ。
その左はなんと1カラット5バーツ!
石にもよりますが、日本と比べても1/3程度の値段で購入が可能です。

その他にも、指輪になる前の原型が売られていたり。

指輪の金型

ちなみにバンコクでは、多くのバイヤーが石を買って、そして指輪の形を作ってひとつの指輪を仕上げていきますが、指輪のデザインを自分で作るのも大変だ…ということで、このような既に作られたデザインの中から指輪の形を選んでそれを工場などでシルバーや金の形で加工してもらってという方法もあるようで、このようなデザイン模型がたくさん売られていました。ちなみにこちらは1個50バーツほどで購入が可能です。

しかし…話をよくよく聞いてみると、これはタイの職人さんがオリジナルで作ったものではなく、有名ブランドの物をそのまま真似したものもたくさんあるようです笑

上記の方法は、ある程度数を作る場合ですが、観光などで行かれる場合は、
石をその場で選んで、そこでそのままリングも選ぶ事が可能です。

それがこちら。

タイ 宝石

石が入っていない状態のリングで、指の大きさもすぐに変えてくれるのでこの中から好きなデザインを買って石を乗せて完成。という事でその場ですぐにオリジナルのリングを作る事も可能です。

その他原石なども置いてありました。

タイの宝石 原石

今回、アテンドして頂いたT氏に教えてもらったのですが、石は磨けばなんでも宝石みたいに光るみたいです。上記の原石を見て頂ければ分かるかと思いますが、磨く前は本当にただの石にしか見えませんが、綺麗に磨く技術さえあればどんな石でも綺麗になり、それが宝石となります。

結局は、石の透明度や大きさによって値段が大きく変わってくるので、出来るだけ良い石を手に入れて、出来るだけ綺麗に加工してくれる宝石加工職人を見つけれる事が出来れば高い値段で売る事が可能です。

JTCの周りにはたくさんの宝石関連のお店が…

普通の観光客などはJTCには行くのですが、実はJTCの周辺にはバイヤーや職人だけが行くお店がたくさんあります。今回は、JTCから歩いて5分ほどで下記のような職人ビルに行きました。

JTC 宝石

JTCとは雰囲気が違いローカルの雰囲気が出ているビルでしたが、
石が本物かどうかなどを調べる機器なども売られています。

宝石鑑定機器

この機器に石を乗せると成分などもすべて分かるそうです。

その他にも、宝石を入れるジュエリーボックスや袋、お店で飾れるような台も売っていて、ここに行けば本当になんでも揃えれる感じでした。

宝石 カバン

宝石市場の裏話

今回はタイで宝石について色々見て回ったのですが、少し裏話も聞けましたのでシェアーさせて頂きます。タイは東南アジアの中でも宝石が集まってくる場所ではあるのですが、実はほとんどの石はタイで採掘されているわけではなく、ただタイに集まってきているだけです。

ではどこから集まってきているかと言うと…。。

その大半がアフリカです。

アフリカ人が定期的に石をドラム缶の中に入れて、船でタイに運んできます。

そしてタイで石を売って、そのお金で生活用品などを買って、自国に持ち帰ります。

アフリカではたくさんの石が取れるのですが、宝石加工職人も少なく、そして物が全然ないので、彼らはこのようにして世界中に石を卸しています。しかし、最近この流れが中国・香港にもどんどん移行しており、ダイヤモンドなどはアフリカ→香港という流れが強くなってきています。中国は世界の工場ということもあり、加工技術も年々上がってきており、タイで宝石加工の修行をして中国で起業する人も増えてきているようです。なのでダイヤモンドなどはタイよりも香港などで買った方が安くなってきています。

ではタイで何を買えばいいかと言うと、

それは色石と呼ばれる、

ルビー、サファイヤ、エメラルドなどです。

ルビーはタイで採掘されているので、価格も他で買うよりも安く買えますし、その他の宝石も日本と比べたら1/3~1/5程度での購入が可能です。
大きな声では言えませんが、日本の宝石屋も今もほとんどタイから仕入れをしています。しかも日本では仲介がたくさんいるので必然的に値段も高くなっています。

だからこそ、こうやって現地に行って実際の価格を知る。

というのは非常に面白いです。

あなたもタイに行った際にはぜひ宝石関連も時間があれば見てみて下さい。

毎月10万円稼ぐ方法を無料で公開中!

中国輸入って何?どうやったら初めたらいいの?中国輸入Amazon転売だけで月10万円具体的に稼ぐ方法から物販における自動化の仕組みづくりの方法など中国輸入におけるノウハウや実例、考え方や戦略などを公開しています。

実際に中国に住んでいるので中国の動向や普通に暮らしていたら知れない海外のオモシロ情報や稼ぎ方などもご紹介していますので、面白い!という声をたくさん頂いています。

もちろん不要であればメール内のリンクからワンクリックで簡単に解除できます。

秘密案件やジョイントビジネス、レポートなどメルマガ内でしか配信してない内容などメルマガ読者限定の秘密のプレゼントなどもたくさんご用意していますのでぜひ登録してみてください。

【下記画像をクリックして、中国輸入マニュアルをもらう】

中国輸入マニュアル

>>毎月10万円稼ぐ方法が気になる方はコチラをクリック<<

よく読まれているオススメ記事

中国輸入で失敗しない!成功者だけが知っている黄金の5つのルール
amazon 中国輸入のリサーチ神ツール!Ama速とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. megumi より:

    来月の頭にタイバンコクに行きます♪
    誕生石がルビーなので、良いものが見つかるといいな^^
    blog参考になりたした。JTCの周りのローカルな場所に行ってみたいです♪

    1. 小林 拓也 より:

      はいー!タイはぜひ色々安く買えますのでJTC近くぜひ行ってみてください!

コメントを残す

*