amazon販売

【Amazon pay使い方】結局どう使えるの?手数料や支払い方法を調べてみた

Amazon pay

Amazon pay(旧称:Amazonログイン&ペイメント)自体については、今どんどん多くの企業が導入していて、日本でも決済の1つとして大きな注目を集めています。

今回は僕らが、Amazon pay(アマゾンペイ)をどのように使えばいいのか?メリットやデメリットなど様々調べてみました。

Amazon pay(アマゾンペイ)って何?

このAmazon payって何なの?という人も多いかと思いますが、簡単に言えば、自分の独自サイトなどにAmazonのボタンの設置が出来ます。

そして、そのボタンを設置した場合、請求などはAmazonがしてくれるため、非常に手間が省けます。

購入者もAmazon payを選んで、「Amazonアカウントでお支払い」を選ぶだけで、配送先やクレジットカードのデーターもAmazon内のデーターが自動で取り込まれるので、購入者は今まで購入した事がないサイトでも、無駄な入力も無しに簡単に決済を行う事が出来ます。

今まではネットショップのASPを利用するしかなかったので、PayPalやスパイクを設置して…という人が多かったのですが、このAmazon payを使う事が出来ればAmazonユーザーを取り込む事が今まで以上に簡単になります。

Amazonアカウントで簡単購入

Amazonのアカウントを持っている人であれば、このAmazon payのボタンが設置されていれば、今までのAmazonアカウントでログインして購入が出来るので非常に安心です。

例:Adidasのサイトで商品を選んで決済画面に進むと・・・

Amazon pay

Adidasの会員じゃなくもAmazonの会員でログインするだけで、簡単に決済まで完了する事が出来ます。

定期購入にも利用可能

物販での定期購入は結構大事なキャッシュポイントとなるので、この定期購入機能はかなり使うメリットも大きいですね。

スマホやPCサイトどちらでもOK

ボタンもスマホ用、PC用、そして色々な色が準備されているので非常に使いやすそうですね。

Amazonログイン&ペイメント

正式動画

Amazon pay(アマゾンペイ)の詳細についてはAmazonの正式動画ありますので下記をチェックしてみてください。

Amazon pay(アマゾンペイ)を使うメリットとデメリット

僕らのように物販をしている人間は決済システムで今まで頭をかなり悩ませていましたが、このAmazon payがあれば、今まで作ったサイトにこのボタンを設置するだけなので、それだけで売上が伸びます。

まぁ、このあたりは実際に検証してみなければいけませんが、使えるツールであるのは間違いないかと思います。

ただ、僕らにメリットがある以上にAmazonの方でも新規顧客の名簿がどんどん溜まっていく仕組みなので、Amazonは使用料金も取れて、さらにお客さんをどんどん増やしていけるという部分もあります。

さらに、Amazonがデータとして出しているメリットは下記の2つです。

①コンバージョン率がアップ
②新規顧客獲得率アップ

では、それぞれ説明していきます。

コンバージョン率がアップ

Amazon Payメリット

自社ショップではカートに商品を入れたけれど、結局注文画面で入力項目が多い場合などは、「カート落ち」「カゴ落ち」という言葉があり、そこで買い物を辞めてしまう人が多いのですが、Amazon Payを導入する事で、コンバージョン率(購入率)が1.5倍にアップしたようです。

新規顧客獲得率アップ

Amazon Payメリット

今の時代、インターネット上で会員登録してもらう為の単価がどんどん上がっています。一部の事例をお話しすると、顧客単価はメールアドレスのみで2000円という場合もあり、登録してもらうのが難しくなっている中で、Amazon Payを導入する事で56%増加するのであれば、Amazon Payを導入しない理由はないと思います。

※ただ、Amazonのやり方をいつも見てて思うのが、こちらが結局どれだけ売っても売っても、リストがどんどんAmazonに抜かれていく仕組みではあるのでこの部分だけちょっと怖いですよね。

Amazon pay(アマゾンペイ)の料金

Amazon pay(アマゾンペイ)の気になる料金ですが、価格は下記の通りです。

必要な費用は決済手数料4%のみ

他にも費用が掛かるか調べましたが、初期費用、月額費用、決済費用など全て無料で、導入した場合でも掛かる費用は4%のみです。

値段を見てもPayPalは3.6%+40円とかなので、十分使えるメリットはあるのかな?と思いますね。

もちろん、購入者に掛かる費用も無料で、購入者はAmazon pay(アマゾンペイ)を使う事で、購入履歴もAmazon内で管理が可能です。

Amazon pay(アマゾンペイ)まとめ

Amazon pay(アマゾンペイ)はかなり使いやすいサービスですが、今導入している企業や店舗は下記のような感じです。

高島屋オンライン
阪急ストアーズ
朝日新聞
ZOZOTOWN
コジマネット
JTB
るるぶトラベル
BUYMA
Adidas
ユナイテッドアローズ
ポールスミス
JINSメガネ

その他導入企業一覧:https://pay.amazon.com/jp/featuredmerchants

実際の導入企業数が未発表なのですが、感覚としても、まだまだ導入企業が少ないところが惜しいですが、自分のサイトに導入するのはぜひやった方がいいと思います!

ABOUT ME
Taku
Takuです。日本を飛び出してはや9年。気づけば中国で中国人の奥さんと結婚して、現在は中国に住みながら、中国輸入を行っています。Amazonでオリジナルブランドを売りつつ、のんびりと生活しています。
中国輸入マニュアル(無料)プレゼント

中国輸入って何?どうやったら初めたらいいの?とまだ一歩も動けていない方はぜひこちらのレポートを読んでみてください。レポートだけではなく、どのようにステップアップしていけばいいのか?そんな中国輸入におけるノウハウをすべて公開しています。

誰もが結果を出せる王道の中国輸入手法とは?
・元手資金ゼロからお金を増やしていく方法
・利益を出せる販売サイトの紹介
・誰もが躓く最初のポイントについて
・中国輸入Amazon転売だけで月10万円具体的に稼ぐ方法
・物販における自動化の仕組み作りの極意

など、中国輸入でのステップアップの方法など、具体的なレポートをお届けさせて頂きます。今すぐ、下記から無料ダウンロードしてみてください。