外注化という仕組み化をするだけで売り上げも10倍に!

amazon販売 中国貿易 思考

「えっ、まだ外注化していないんですか?」

これは僕がよくコンサル生に言う言葉なのですが、
なんかみんな外注って抵抗があるみたいですね。

物販を行っていたら、
必ず売り上げの壁が現れます。

それが

10万円の壁
30万円の壁
100万円の壁

です。

30万円ぐらいまでは正しい手順で
正しくやれば誰もが到達する事が出来ます。

実際にコンサル生の方も
30万円まではあっさりと
自分一人で稼いでいるのですが、

その次の100万円の壁が
なかなか超えられない人が多いです。
(といっても感覚として3人いたら1人は勝手に越えていきます)

この100万円の壁を超えるのが”外注化”です。

多くの人は外注化したら、
そのノウハウを盗まれるからやりたくない…
という人がいますが、

物販は最も外注化しやすいビジネス

なのです。

どういう事かと言うと、

物販においては
下記のように作業を分ける事が出来ます。

1)リサーチ
2)仕入れ
3)検品/発送
4)入金確認
5)購入者へのメッセージ

といった感じで
僕の場合は5つに分けています。

こういう風に分ける事で管理が楽ですし、
何よりすべてを任せない事により、
全体が理解できない仕組みにしています。

だから、僕自身は、
商品開発の部分だけ自分でやっています。

単純作業は楽しくないですし、
自分ではなくても出来るので、
そういうのはどんどん任せちゃった方がいいです。

■外注の募集の仕方

外注は下記のようなサイトがあるので、
簡単に募集が出来ます。

・Lancers
http://www.lancers.jp/

・@SOHO
http://www.atsoho.com/

検索したら色々募集している人もいるので
参考にしてみたら面白いと思います。

たくさん応募が来るので、
出来れば一度会うか、
スカイプで顔を見ながら面談するのがオススメです。

顔を見ていたら、この人合わないなぁ…。。
なんか無理だなぁ…という人もいると思うので、
そういう人には丁重に謝って、
あとは自分の直感で選んで大丈夫だと思います。

顔を見て話していれば、
よほどの事がない限り、
裏切られたり、悪いことをされたりはしないので、
顔を合わせてお話するのは非常に大事だと思っています。

ただ、中には人を信じれない…
という方もいるのですが、

それだったら、信頼の出来る家族に
任せたらどうでしょうか?

コンサルメンバーの中には、
家族や恋人の家族に任せている人もいて、
家族経営している人もいるので、
身内が一番安心といっちゃ安心です。

ただし!

最初から外注化はダメで、
最初は自分ですべてをやってみないとダメです。

最初からすべて他人任せだと、
外注さんやスタッフにも指示が出来ませんし、
何がダメというポイントも見えてきません。

なので、一番良い流れとしては、
30万円までは自分で頑張る。

その後は、外注化で仕組みを整えて、
売り上げをどんどんあげていく形が最強です。

物販の場合は、自分の商品数が増えれば増えるほど、
売り上げも上がっていくので、
そこの仕組み化さえ出来ちゃえば
文字通り寝ていても売り上げが上がるようになります。

ここが物販の面白いところで、

「なんでみんなやらないのかなぁ…。。」

と不思議に思っています。

ということで、物販初めてみてくださいねー。

\\この記事をシェアする//