中国輸入マニュアル

Amazonログイン&ペイメントって結局どう使えるの?料金や使い方を調べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Amazonログイン&ペイメント

Amazonログイン&ペイメント自体については昨年から盛り上がっていましたがいよいよ日本へ上陸するようです。

まだ正式発表のみで、普通の人は使える状態ではないのですが、劇団四季と出前館だけ特別に使える状態にあるようですが、実際に使える状態になった時に僕らがどう使えばいいのか?メリットやデメリットなど様々調べてみました。

Amazonログイン&ペイメントって何?

このAmazonログイン&ペイメントって何なの?という人も多いかと思いますが、簡単に言えば、自分の独自サイトなどにAmazonのボタンの設置が出来ます。そして、そのボタンを設置した場合、請求などはAmazonがしてくれるため、非常に手間が省けます。今まではネットショップのASPを利用するしかなかったので、PayPalやスパイクを設置して…という人が多かったのですが、このAmazonログイン&ペイメントを使う事が出来ればAmazonユーザーを取り込む事が今まで以上に簡単になります。

Amazonアカウントで簡単購入

Amazonのアカウントを持っている人であれば、このAmazonログイン&ペイメントのボタンが設置されていれば、今までのAmazonアカウントでログインして購入が出来るので非常に安心です。

定期購入にも利用可能

物販での定期購入は結構大事なキャッシュポイントとなるので、この定期購入機能はかなり使うメリットも大きいですね。

スマホやPCサイトどちらでもOK

ボタンもスマホ用、PC用、そして色々な色が準備されているので非常に使いやすそうですね。

Amazonログイン&ペイメント

正式動画

詳細についてはAmazonの正式動画ありますので下記をチェックしてみてください。

Amazonログイン&ペイメントを使うメリットとデメリット

僕らのように物販をしている人間は決済システムで今まで頭をかなり悩ませていましたが、このAmazonログイン&ペイメントがあれば、今まで作ったサイトにこのボタンを設置するだけなので、それだけで売上は伸びそうです。まぁ、このあたりは実際に検証してみなければいけませんが、使えるツールであるのは間違いないかと思います。

ただ、僕らにメリットがある以上にAmazonの方でも新規顧客の名簿がどんどん溜まっていく仕組みなので、Amazonは使用料金も取れて、さらにお客さんをどんどん増やしていけるという部分もあります。結局売っても売っても、リストがどんどんAmazonに抜かれていく仕組みであればこちらからお客さんの方に告知などが出来ないのでこの部分だけちょっと怖いですよね。

Amazonログイン&ペイメントの料金

料金の正式発表もまだ控えられていますが、海外で正式にリリースされている価格は下記の通りです。

eコマース企業がLogin and Pay with Amazonでの支払いを利用する場合には、取引価格の2.9%+1度の取引ごとに0.3ドル(約29円)を支払う必要ありで、それ以外に追加の費用は無し、取引量の多い場合には減額もアリとなっています。

値段を見てもPayPalよりは安いので、、十分使えるメリットはあるのかな?
と思いますね。

まとめ

ということで正式にリリースされるまで少し時間がありそうですが、今あるサイトに使う準備だけはしておければ大丈夫だと思います。また、正式リリース後に色々検証してみて、その結果お伝えさせて頂きます。

参照リンク:https://payments.amazon.co.jp/

毎月10万円稼ぐ方法を無料で公開中!

中国輸入って何?どうやったら初めたらいいの?中国輸入Amazon転売だけで月10万円具体的に稼ぐ方法から物販における自動化の仕組みづくりの方法など中国輸入におけるノウハウや実例、考え方や戦略などを公開しています。

実際に中国に住んでいるので中国の動向や普通に暮らしていたら知れない海外のオモシロ情報や稼ぎ方などもご紹介していますので、面白い!という声をたくさん頂いています。

もちろん不要であればメール内のリンクからワンクリックで簡単に解除できます。

秘密案件やジョイントビジネス、レポートなどメルマガ内でしか配信してない内容などメルマガ読者限定の秘密のプレゼントなどもたくさんご用意していますのでぜひ登録してみてください。

【下記画像をクリックして、中国輸入マニュアルをもらう】

中国輸入マニュアル

>>毎月10万円稼ぐ方法が気になる方はコチラをクリック<<

よく読まれているオススメ記事

中国輸入で失敗しない!成功者だけが知っている黄金の5つのルール
amazon 中国輸入のリサーチ神ツール!Ama速とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*