中国輸入マニュアル

島田紳助の名言から自分自身の才能に気づくたった1つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
島田紳助 才能

島田紳助が引退してからもうかなりの月日が経ちますがそれでも芸能界の一部では島田紳助の復帰を願っている人はたくさんいるようです。

僕自身も島田紳助は面白いなぁ…と個人的に思っていたのでちょっと残念ですが、なぜそれだけ島田紳助が多くの人に認められていたのか?

それが分かる動画があります。

それが下記の動画です。

こちらの動画は吉本の後輩に語った「才能と努力」という話しなのですが、それがかなり本質を付いてるので見たことない方はぜひ一度見てみて下さい。

ネタバレで先に言っちゃうと、

『才能』は0~5までの5段階、『努力』も0~5までの5段階。
『才能』5の人間が5の『努力」をしたら5×5=25で最高点の結果が出る。

という事を話しています。

つまり、才能がない分野で5の努力をしてもそれは1×5=5にしかならないが、才能ある分野で最高の努力をすれば25の最高得点になるということ。

ただ、ここでネックなのが自分の才能は自分ではなかなか気づけないということ。

人間ってほとんどの人間が死ぬまでにずっと自分の才能は何か?
人生の生きる意味を探し求めている気がします。

運の良い人は早くからこの人生の意味を見つけて大きな成果をあげますがそれは本当に一握りの人達だけ。

だからこそ僕らは興味のあるあらゆることに挑戦してみて、まずはひたすら頑張る事

その中で、あれ頑張っているけど、なんか楽しい。
というかこれは長時間していても苦じゃないなぁ…っていうのが出てきます。

僕自身も今までにアフィリエイトやその他本当に様々なビジネスを経験してきましたが、どれも途中でつまらなくなってしまって、報酬も上がらないまま諦めたものがたくさんあります。

しかし、その中で中国輸入だけがなぜかピッタリと自分に当てはまり、リサーチも楽しくなってきてそれで売上が上がる度にどんどんワクワクしてきました。

それはたくさんの失敗をしたからこそ気づけました。

もし僕が何も挑戦せず、毎日会社の往復、そして休日に少しの楽しみにを見つけたとしてもそれはそれで楽しい人生だったのかもしれませんが、そんな事を続けても自分が生きている意味ってなんだ…っていう思いが強く、常に自分に出来る事を探し続けました。

だから、あなたも立ち止まらずにあらゆる挑戦をして欲しいと思っています。

自分の才能なんか簡単に分かるはずがありません。

だからこそ立ち止まらずに走り続けて下さい。

どんな物事でも初めて挑戦するときは色々な不安があるけど、それも最初だけです。

今はインターネットで本当に色々な情報を知ることが出来るので、あなたが不安に思うことは既に誰かが経験していて、その答えもインターネット上にたくさん書かれています。

だから、そういった物を活用しながら、自転車に気づいたら乗れるようになるのと同じく、あなたが常に前を向いて走りつづける限り壁はいつの間にか消えてなくなります。

そして、大事なのは、楽しいと思える事に出会えたら他の分野には手を出さないこと

その楽しいことにすべての力を注ぎ込んで没頭するのが大事です。

ちょっと稼げるようになったからと言ってこれもあれも…と他の稼げる方法に目を向けて結局どれも中途半端になるのが一番ダメなので、これは!というのに出会えば脇芽もふらずそれだけに没頭して下さい。

中国輸入であれば僕の方でもサポートは出来ますので、それ以外でも何かあればお気軽にメッセージ頂ければと思います。

毎月10万円稼ぐ方法を無料で公開中!

中国輸入って何?どうやったら初めたらいいの?中国輸入Amazon転売だけで月10万円具体的に稼ぐ方法から物販における自動化の仕組みづくりの方法など中国輸入におけるノウハウや実例、考え方や戦略などを公開しています。

実際に中国に住んでいるので中国の動向や普通に暮らしていたら知れない海外のオモシロ情報や稼ぎ方などもご紹介していますので、面白い!という声をたくさん頂いています。

もちろん不要であればメール内のリンクからワンクリックで簡単に解除できます。

秘密案件やジョイントビジネス、レポートなどメルマガ内でしか配信してない内容などメルマガ読者限定の秘密のプレゼントなどもたくさんご用意していますのでぜひ登録してみてください。

【下記画像をクリックして、中国輸入マニュアルをもらう】

中国輸入マニュアル

>>毎月10万円稼ぐ方法が気になる方はコチラをクリック<<

よく読まれているオススメ記事

中国輸入で失敗しない!成功者だけが知っている黄金の5つのルール
amazon 中国輸入のリサーチ神ツール!Ama速とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*