中国輸入マニュアル

物販もこれからはチームで行っていく時代に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

中国から輸入してAmazon販売。

最近はそこにメルカリなどのスマホアプリも加わってきていますが、

僕自身は、これからは小売もやりつつ、
もっと良い商品をどんどん流通させる仕組みを作りたいと思っています。

それがどんな方法なのか?

まだはっきりとは決まっていないのですが、
今こうして色々と一緒に動いてくれる方も
どんどん増えてきているので、
みんなの力を合わせればなんだって出来ると思っています。

これは交渉力にも繋がっていくのですが、
例えば僕個人がapple社にiphone6を買いたい
と言っても値引きなどは一切ありません。

しかし、例えばこの文章を読んでいる人全員が1台ずつ買う場合、
5000台を購入する事が出来るようになります。

これだけの数が集まれば、
apple社とも値引き交渉やおまけ交渉が出来るようになるかもしれませんし、
あなたも購入する時にや安く購入する事ができます。

最近はそんな視点で
市場よりも安く買う方法を模索しています。

と言っても淘宝網を見ているだけですが、
最近は本当に良さそうな商品が多いです。

その中で日本にも既に会社があるのに、
中国で買うほうが圧倒的に安く、
価格差も結構ある商品がたくさんあります。

こういう時に中国から輸入したら、
輸入品扱いとなってしまいますが、
それならばと…
今日本で代理店になれないか聞いています。

こちらの案件も代理店で安く卸せそうなら
ご案内させて頂きますので、
また結果報告させて頂きます。

追伸

みんなの力が合わさったら、
1人では不利な交渉でもみんなで交渉すれば、
有利な条件を引き出すことが可能となります。

皆さんの方でも何か面白い案件があれば、
この場所を活用して頂ければと思います。

追伸2

日本でカップルの間などで自撮り棒が流行っていますが、
海外では自動的に追いかけてくるカメラ?が出てきています。

とりあえず凄いので見てみて下さい。

http://shop.soloshot.com/

追伸3

Amazonの2014年度の決済を見ていてびっくりしたのが、
その売上構成比。

家電・日用品部門が70%。
しかもこの70%には本などは含まれていません。

肝心の本などのメディア部門は24%。
その他部門が6%。

と本の比率はかなり少なく日用品がどんどん増えている状況です。

Amazonは元々、Web上の本屋を専業として始めたのに、
今は何でも扱う大きなネット商店になっています。

最初に1つに特化して実際に購入して体験してもらう。

そしてそのサービスなどに感動させれると、
その後もずっと使ってもらえるので、
本当にAmazonはこれからも強くなるような気がしますね。

追伸4

現在メルカリで無在庫実験中です。
うまくいくかどうかは謎ですがまたご報告します。

毎月10万円稼ぐ方法を無料で公開中!

中国輸入って何?どうやったら初めたらいいの?中国輸入Amazon転売だけで月10万円具体的に稼ぐ方法から物販における自動化の仕組みづくりの方法など中国輸入におけるノウハウや実例、考え方や戦略などを公開しています。

実際に中国に住んでいるので中国の動向や普通に暮らしていたら知れない海外のオモシロ情報や稼ぎ方などもご紹介していますので、面白い!という声をたくさん頂いています。

もちろん不要であればメール内のリンクからワンクリックで簡単に解除できます。

秘密案件やジョイントビジネス、レポートなどメルマガ内でしか配信してない内容などメルマガ読者限定の秘密のプレゼントなどもたくさんご用意していますのでぜひ登録してみてください。

【下記画像をクリックして、中国輸入マニュアルをもらう】

中国輸入マニュアル

>>毎月10万円稼ぐ方法が気になる方はコチラをクリック<<

よく読まれているオススメ記事

中国輸入で失敗しない!成功者だけが知っている黄金の5つのルール
amazon 中国輸入のリサーチ神ツール!Ama速とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*