投資の前に稼ぐチカラを付けなければいけない理由

[記事公開日]2018/02/21


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
淘宝網代行 旧正月 休み

どうも、小林です。

中国は旧正月も終わりに近づいており、一足先に奥さんの実家から帰ってきたのですが、旧正月で既に田舎に帰っていた人が戻り始めており、高速もいつもより混んでおり、普段より2時間余計に時間が掛かりました。。

やはり中国の大移動はスゴイです。。

混雑しているバスの中で色々考えていましたが、最近思う事について今日は書いてみようと思います。

収入の1割は投資に回した方がいい?

最近は中国輸入の他にもなぜか…

「毎月の収入の10%とかを投資に回した方が良いって本に書いていましたがどう思いますか?」

みたいな資産運用についての質問もよく頂きます。

これについての回答ですが、

「投資するよりも先に稼ぐチカラを付けて下さい」

と回答しています。

特に、今の本業(会社員)がある人は、その今の収入とは別で毎月5万円以下しか稼げていないのであれば、そのお金はすべて仕入れ(もしくは自己投資)に使うべきです。

投資は100万円以上の余裕資金がある人だけ…というのをよく見かけますが、これはある意味正解です。

ぎりぎりの貯金を切り崩してそれを投資に回してしまうと、投資の結果が気になって他のことが手につかなくなるからです。

だからこそ、別になくなったっていいや…と思うぐらいの考えがない場合はしない方がいいです。

逆に…コンサル生など一部の方で余裕が出てきている人には「◯◯がオススメ」と資産運用に関するアドバイスもしていて、去年だけで自分の年収を超える利益を出している人もいます。

ビットコインについて

最近投資と言えばビットコインの話をよく聞きます。

僕自身も仮想通貨については色々調べて投資はしていますが、投機の市場なので一般の方は手を出さない方がいいです。

特に、最近あったコインチェック問題や他にも見えないところで資産を失っている人も多いので、確実な情報源がない限りは参戦せずに物販に集中するようにして下さいね。

一番稼げるのは物販、仕組みを作る事

やはり投資よりも物販が一番稼げます。

投資だと年間利回りは20%とか30%なのですが、物販だと、毎月の利回りが20%超えとかになりますからね。

中国輸入の場合は、ここからさらに大きなリターンを得る事が出来ます。

よく例に出すiphoneのケースとかですと、仕入れは20元(約350円)でも1500円や2000円とかでも売れます。

しかも、Amazonなどで自動化してしまえば、仕入れをするだけで売上がどんどん上がります。

仕入れ自体もパターン化してしまい外注化も出来ますし、他人に任す投資と比べても、自分でその利回りも上げる事もリスクを排除することも出来ます。

ただ、やはり多くの人は楽をしたいばかりにお金だけ預けて投資の利回りが出ればいいや…という人が多いので、長期的に見たら他の人よりも稼ぎやすいのが物販なのです。

だから…投資しようかな…と情報を集めている方はそれよりもまずは自分でビジネスを立ち上げる。

そういう事を考えてみて下さいね。

追伸

今回奥さんの実家で焼き芋を作ったのですが、日本と違って、土で釜を作って焼き芋を焼きました。

この後、中で火を付けて、土が黒くなるまで熱します。

その後、火が消えたら、中に芋を入れて、その土ごとかぶせて2時間程度放置したら焼き芋の出来上がり。。

面白いですよね〜。

毎月10万円稼ぐ方法を無料で公開中!

中国輸入って何?どうやったら初めたらいいの?中国輸入メルカリ販売、また、Amazon転売だけで月10万円具体的に稼ぐ方法から物販における自動化の仕組みづくりの方法など中国輸入におけるノウハウや実例、考え方や戦略などを公開しています。

実際に中国に住んでいるので中国の動向や普通に暮らしていたら知れない海外のオモシロ情報や稼ぎ方などもご紹介していますので、面白い!という声をたくさん頂いています。

もちろん不要であればメール内のリンクからワンクリックで簡単に解除できます。

秘密案件や共同仕入れ、レポート配布などメルマガ内でしか配信してない内容などメルマガ読者限定の秘密のプレゼントなどもたくさんご用意していますのでぜひ登録してみてください。

【下記画像をクリックして、中国輸入マニュアルをもらう】

中国輸入マニュアル

>>毎月10万円稼ぐ方法が気になる方はコチラをクリック<<

よく読まれているオススメ記事

中国輸入で失敗しない!成功者だけが知っている黄金の5つのルール
amazon 中国輸入のリサーチ神ツール!Ama速とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*