中国輸入の仕入れ資金やペースについて

amazon販売

中国で仕入れを行う中で、資金がない方って結構いると思います。

僕自身も、最初に中国輸入を始めた時にはどのようにお金を回していこうか、かなり悩んでいました。

だからこそ、本日は、

「あまり仕入れ資金がないのですが、どのような形で仕入れをしていったらいいですか?」

という質問に答えていこうと思います。

中国仕入れは資金と仕入れ量のバランスが大事なので、ここをちゃんと押さえればお金はどんどん増えていきます。

中国輸入で初心者が仕入れをする場合にどうしたらいいのか?

今あなたの手元に30万円の仕入れ資金があれば、
まず2割はそのままおいておくようにしてください。

(※仕入れの資金がない方は、15分で5万円稼ぐ方法でまずは資金を作って下さい。)

30万円☓20%=6万円。

という形です。

それで、残りの24万円については、ガンガン仕入れをすればいいという事ではなく、それをさらに半分に分けてください。

その資金でまずは仕入れを行います。

つまり、分け方としては下記のような感じです。

全体の資金:30万円

保留金:6万円
初回仕入れ:12万円
次回仕入れ:12万円

1.最初に3〜5個の仕入れを行う

最初に12万円の仕入れを行います。

ここは以前から何度も言っているように、仕入れペースは1種類につき3〜5個のみの仕入れを行います。

すると、その中からよく売れる商品、具体的に言えば1週間で仕入れた分が売り切れる商品が出てきます。

2.売れた商品のみを再度仕入れる

その後、売れた商品を同じく12万円の仕入れを行います。

この時には、1週間で売り切れた場合、1ヶ月分の仕入れを行います。

例えば、5個が1週間で売り切れたら、5☓4週間分=20個という形です。

3.利益が10万円を超えたらオリジナル化へ

上記を繰り返していると、売れた商品のみを扱う形となりますので、どんどん利益が増えていきます。

ただし、最近中国輸入Amazon販売の場合、ライバルが増えたり、価格がどんどん下がってくる場合も増えてきているので、利益が10万円出た段階で、自分だけのオリジナル商品作りを目指して下さい。

オリジナル商品作りについては、「プライベートブランド(オリジナル)商品を作る前にやるべき3つの事とは?」でも書いていますが、基本的にはAmazonのレビューを見て、その悪い点を改善してオリジナルの商品にする形です。

理想は相乗り:オリジナル=2:8

2対8の法則という言葉はよく聞きますが、中国輸入の場合でもこれは当てはまります。

オリジナル商品が出来たらそっちに集中したらいいのでは?という質問もよく頂くのですが、相乗りをやっている事で色々な売れ筋が見えたり、思わぬアイデアが浮かんだりするので、オリジナル商品作りをやっていても相乗りも同時進行でやっておいた方がいいです。

収入の柱は3本が理想

Amazonでの売れ筋が見えたら、そのまま別のサイト、例えばメルカリやヤフオクで販売数する事で利益がそのまま増えるという利点もありますので、Amazonだけに頼らずどんどん販路は増やしていった方がいいです。

特にAmazonは返品など自由にしているので、最近はお客さんがモンスター化してきている傾向があります。

・商品が気にいらなかったから、わざと箱をつぶして返品してくる
・中身を入れ替えて別の商品を返品してくる

その他にも、ライバルセラーが嫌がらせで悪いレビューを書いてきたり。。。

といった負の部分もあるので、Amazonだけに頼るのではなく、しっかりと分散しての販売をする事をオススメします。

今、僕自身もAmazonだけではなく、色々なサイトへの展開をしていっています。

以前まではAmazonに7割程度集中している状態だったのですが、今はもっと比率を下げて、2〜3割り程度まで移行しています。

まとめ

仕入れ資金と仕入れ量について書いてみましたが、中国輸入は商品の分析が非常に大事です。

なぜその商品がよく売れているのか?なぜその商品は売れないのか?

売れている商品と売れていない商品には必ず原因がありますので、仕入れて売れなかった場合、必ず検証するようにしてください。

これを続けていると自分の中でも仕入れの感覚がついてきて、商品を見ただけで、「あ、この商品売れるな」というのが分かってくるようになります。

中国輸入は楽して儲けるというよりかは、じっくりと時間を掛けて取り組むのが大事なので、ぜひ焦らずに進めて頂ければと思います。